第8期指す順11回戦 梅球さん戦

(私は後手番)ここで△27馬(~35桂)は考えたんですけれど勇気がなくて決行できなかったんですよね……。玉が46に露出すると△53金という王手竜があるようで、これが見えていたら指せたと思います。

馬がそっぽに行ってしまい、飛車がブロックされ既に怪しくなり始めているこの局面。△42金としっかり受けておくのが正解でした。本譜は焦って攻め合いに出てしまい際どくなりました。

入玉になったものの判定勝ちできそうなところ、王手竜を喰らった局面。自戒を込めて残しておきます。この少し前にこちらから銀打ちで王手竜をかけられる局面があったものの気づかずに別の手を指してしまったのもひどかった(指した直後に気づいた)。大駒の枚数が3対1だったのが1対3にされ点数負けを覚悟したものの、諦めず数えてみると26点だったため引き分け指し直しにできると判断して(将棋倶楽部24でやったことのない)入玉ボタンを押し、引き分けを受け付けてもらえました。

梅球さんが終局図を貼っているので引用しておきます。

指し直しの際には指す順の運営もなさっているやきそばさんが規定について説明してくださり、持ち時間と先後の入れ替えについて梅球さんと共有することができました。持将棋指し直しもお互い秒読みでの指し直しも初だったので大変助かりました。ありがとうございました。

指し直し局は△35歩▲同歩△同銀▲45桂の進行でのこの局面で、実は△44歩と指されていたら互角か少し悪いくらいの将棋だったらしいです。この△35歩の仕掛けは今後取らないよう気をつけようと思います。

特に千日手局はひどい将棋にしてしまいましたが、最終的に勝てたのは僥倖です。第8期指す順全体の振り返りはまた後日行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です